なんかシンプルで軽い暮らし。

ミニマリストを目指す日々をつづります。身近な楽しみを見つけながら効率良く暮らす実験などしていきたいと思います。

公園

f:id:simamusasi:20190809153216j:image

 

子どもたちってほんとに発想が面白いですね。なかなか大人では思いつかないようなことをしたりします。

 

上手に遊びを考えて、楽しんでいる様子を見ると、羨ましくなったりもします。大人になって歳を重ねるに連れて、頭がどんどん固くなっていきます。

 

柔軟な頭を持ち、イロイロな発想を形にしていきたいものです。写真のような景色に敏感な目を持っていたいもんです。

 

最近仕事で子供たちの相手をすることが多くなりました。最近の子は、私達の子供の頃とかなり様子が違います。何しろ、大半の時間をゲームに費やしているようです。でも、子供らしさを失っていない面も見せてくれます。そんな様子を見ると嬉しくなります。

 

どんぐりって、本当にイロイロな形や大きさのものがあるんですよね。公園に行くと、いろんなどんぐりが落ちています。大人になっても、私はテンションが上がってしまいます。木を見ていても違いは大してわからないのですが、実を見ると、ああ〜、違う種類の木だったんだとわかったりします。まぁ、見る人が見れば、葉っぱの形なんかでわかるんでしょうけどね。

 

 

ちょっとしたことや、身近なことで楽しめたり満足できたりするのは、幸せな暮らしを送る上でとても重要なことです。お金を掛けて、いろんなものを購入すると、確かに嬉しいかもしれませんが、そんな喜びは長続きしません。物はすぐに飽きますし、周りの人がもっと良いものを持っているのを見ると、急に自分の持っているものがみすぼらしく見えてきます。本当に不思議です。笑えてきちゃいます。

 

普通の毎日を送れるというのは本当に幸せなことです。何も特別なことは必要なくて、毎日のちょっとしたことで楽しめる心は、ミニマリストとして重要ですよね。