なんかシンプルで軽い暮らし。

ミニマリストを目指す日々をつづります。身近な楽しみを見つけながら効率良く暮らす実験などしていきたいと思います。

カブトムシのサナギ。

こんにちは!毎日暑いですね〜。死にそうです。いかがお過ごしでしょうか?

 

先日、大人八人男女入り乱れて、 カブトムシを取りに行きました 。朝早くから皆で集合して出かけたのですが、 あまりやる気のなかった人が一番に来ていて驚きました 。

 

全員が揃うまでの間久々に、川に向かって石投げをして時間をつぶしていました 。思えば、こんなのんびりした時間は久しぶりだなあ〜と感じました。川も山もキレイで、自然を見ていると本当に落ち着きます。 その後全員が集合して、度会町の毎年取りに行くスポットに 出かけました 。

 

クヌギの木を探して 、クワガタやカブトムシがいないかどうか 見回して行きます。木を蹴飛ばすという定番のやり方で探していると、 クワガタ採りの名人の友達が、 あまり強木を蹴ると 木を痛めてしまうので 、軽い衝撃を機に与えるだけで十分だと話してくれました。

 

彼が言うには衝撃でクワガタを落とすというよりは 、自分が来たことをクワガタに伝えるだけで 良いというのです。 本当かどうかわかりませんが、 クワガタは足に生えている毛で衝撃を感じ取り、 驚いて手を引っ込めて簡単に落ちて来るそうです。 確かに落ちてくるクワガタムシは大抵、 足を引っ込めて 縮こまった状態で落ちてきます 。彼の言うとおりそんなに強い衝撃は必要ありません。

 

そのような感じでみんなで探していくと、 ノコギリクワガタや、ミヤマクワガタなど、 色々なクワガタ + カブトムシのメスが取れました 。まだまだ三重県は自然が豊かに残っているんだなぁ〜と感じさせられました。




f:id:simamusasi:20180723173632j:image


 

やはりいくつになっても、 男性は クワガタやカブトムシを見るとテンションが上がってしまうものです。少年の心が残っているんですね 。
f:id:simamusasi:20180723173610j:image

 

倒れて腐っている木をめくってみると 、カブトムシのさなぎが2匹眠っていました。 そんな様子は初めて目撃したので、ちょっと感動してしまいました 。でもその時に蛹の部屋を一つ崩してしまいました。これではちゃんと成長することができないので、そっと一匹だけ持ち帰ることにしました。 もう一匹はそっと木の皮をかぶせてそのまま残してきました 。

 

無事成長してくれるといいなあ〜。 ネットで色々調べながら 飼育に挑戦してみることにしました 。

 

イロイロ調べると、トイレットペーパーの芯を使う方法があるということなので挑戦してみることに。
f:id:simamusasi:20181009140901j:image


f:id:simamusasi:20181009141307j:image

角にかぶっている皮が靴下みたいでカワイイ😍

 

イロイロ失敗もありましたが、なんとか羽化に成功!愛着もひとしおです。後日談ですがこのカブトムシは9月の末まで生きました。


f:id:simamusasi:20181009153201j:image

身近な自然でこんなに楽しい経験ができるのを改めて再確認することができ嬉しく感じた今日この頃でした。