なんかシンプルで軽い暮らし。

ミニマリストを目指す日々をつづります。身近な楽しみを見つけながら効率良く暮らす実験などしていきたいと思います。

ミニマリストってどんなの?

こんばんは、伊勢市ミニマリストsimamusasiです。梅雨に入って毎日三割ぐらいテンションが低くなっております。天気が悪い時ってなんか体調も悪くなりますよね。なんでなんでしょ?


雨の中でも毎日外で生活している野生の動物や鳥たちは本当にすごいなーと思ったことがあります。電線に止まっているスズメやハト、カラスなどは平気なんでしょうか。。。天気のいい日に勢田川に行くと、川鵜がとても気持ちよさそうに羽を広げて乾かしている様子を見ることができます。猫や犬だって、ポカポカの陽気の日にはかなりリラックスしてますよね。そんな姿を見ていると、やはり動物たちも天気に気分を左右されているのかな?というふうに感じます。


どんな時も外で生活しなければならない彼ら、野生動物たちは、何も持っていないのに生き生きと人生を送っていますよね。人間の持つ感覚とは全く異なっているでしょうけど。。。先進国に住んでいる自分たちは、ものに囲まれて暮らしています。しかし、世界に目を向けてみると、貧しい国では1日に使えるお金が200円行かない国もあるみたいです。そしてそんな中でも幸せに暮らしている人たちがいるということです。


面白い記事を読んだことがありました。現代では様々な電子機器や家電が登場しています。洗濯機は選択の時間を短縮し、食洗機は食器を洗う時間を短縮します。ルンバなども掃除の時間を大幅に短縮することでしょう。そのようなものが普及して、多くの主婦たちは、家族とのんびりしたり、趣味を楽しんだるする時間が増えたと思いがちです。しかし、そのような高価な家電などを維持したり購入したりするために、外に出て働かなければならなくなったということです。大いなる矛盾を感じてしまいます。


我が家はミニマリスト路線なので、物がだいぶ少ないと思います。本物のもっと上級のストイックなミニマリストの方たちに比べると全然物が多いと言われてしまうかもしれませんが。。。。だから家にいる時はやることがあまりないのです。毎日活動している時はとても忙しいので、物が少ないと言うことは効率アップに非常に貢献してくれます。掃除や探し物をする時間が少なくて済むからです。でも、家で梅雨の時などに、ゆっくり過ごそうと思うと、あんまりやることがありません。ミニマリストに移行しようと言う時期は、持ち物をチェックしていらないものを処分すると言う作業に多くの時間を費やしていました。しかし、だいぶものを減らし切った今としては、物をスキャンしても捨てるものがなくてつまらない状況です。まあ、こんなのんびりした時間も大切ですけどね。そんな時間を生み出すためにもミニマリストを続けているわけですから。


ミニマリストになってよかったと思うのは、物欲から来るストレスから解放されると言うことです。何かが欲しいと思うと、お金の問題や、イロイロあるものの中からどれを選択するのかなど、多くの時間を費やして考えなければなりません。でも、根本的にものが欲しいと思わないと、そうしたものから解放されます。また、他の人が持っているものを欲しくなると言うことがだいぶなくなりました。これは結構大っきいです。そして、物を持っているとそのものを維持するための時間やお金がかかります。これをカットすることができます。これもとても気に入っているメリットです。でもどうしても必要なものはありますし、服なども同じものを着る頻度が上がるので、短めのスパンでアップデートしないと、みすぼらしい服を大半の時間着用することになるので、それは気をつけようと思っています。



今は簡素でシンプルな暮らしが気に入っています。しかし、チョット前までは全然違いました。これからも変わるんでしょうね。物や暮らしに関する意見は人それぞれ全く違いますよね。いろんな意見があるから面白いのだと思う今日この頃です。